トナータイプとインクジェットプリンター費用の差について

コピー機や印刷機は大まかに2種類に分別され、トナーを使用するレーザータイプとインクジェットタイプがあります。美しい印刷やコピーが早く大量にできるレーザー印刷はコンビニエンスストアや企業の備品として、印刷機本体が1万円以内で購入できるインクジェットは家庭向けとして普及しており、年賀状などを印刷する場合はインクジェットでも十分発色の良い印刷ができるため、家電量販店では個人消費向け商品として購入しやすい値段設定にするための価格競争が熾烈です。一方、レーザー印刷は仕上がりの美しさや短時間での大量コピーなどが要求されるため性能に合わせて価格も高騰していますが、近年では家庭向けレーザープリンターも販売されており5万円以内で購入できるものもあります。

コストパフォーマンスが高く一般家庭でも保有率のインクジェット

インクジェットタイプは本体の印刷機も交換用のインクも安価で販売され、インクは家電量販店でなくとも文房具店やデザイン用品店でも手軽に入手できることから家庭でも保有率の高いプリンターです。郵便局が毎年インクジェット専用の年賀状を販売したり、デジタルカメラの印刷用に光沢のあるインクジェット専用用紙なども一般向けに販売されています。インクジェットタイプの本体価格は7千円から1万円以内が最も多く、交換用インクカートリッジは4色から6色セットで5千円から7千円、黒のインクカートリッジのみなど単品のカートリッジは1500円前後です。近年のエコロジーブームで環境に優しい低臭気性のライトソルベントインクなどもインクジェット用に販売されていますが、価格は1万円を超えます。

家庭や個人事業主向けに小型レーザープリンターの人気が急上昇中

レーザープリンターの本体価格は家庭向けの小型で5万円以内、企業向けのレーザー複合機は150万円ほどです。家庭向けレーザータイプは個人事業主に人気があり、業務上頻繁に使用する操作を登録できる機能や消費電力を抑えるスリープ機能が付いた7万円から10万円以内の小型複合機の種類も増えています。トナーはサイズや機種により価格に差があり、純正品で1色6千円〜2万円、リサイクル品なら1万円以下です。リサイクル品は使用済みのカートリッジを再生した汎用トナーのため色合いに若干のムラが出ることがありますが、ほぼ見劣りすることのない発色で印刷できます。リサイクルトナーは再生品ゆえ純正品より充実した保証がついており、品質永久保証や返金保証などメーカー保証よりも充実しているのが特徴です。